理想の水中写真とは何か?

Text by 中野誠志

水中撮影テクニック 理想の水中写真とは?

 

 

<理想の水中写真のイメージを作る>

 

プレビューを活用する重要性については別項でも解説しましたが、理想の水中写真のイメージが無ければ、現在の写真をどのように改善していけば良いかわからないに違いありません。

 

そのため、水中写真の練習をしながら、理想の水中写真をたくさん見て勉強するようにすると、効率よく上達していくことができるということになります。

 

 

そこで、ここでは理想の水中写真とはどのようなものかについて検討します。

どのようなものが理想の水中写真なのでしょうか?

 

私が考えるに、

 

 

・水中の生物本来の色が、ストロボなどで鮮やかに再現されている

 

・写真に奥行きがある

 

・写真の中を泳いで向こうへ行きたくなるような作品

 

・写真の完成度を損なう、不要なものが1つも写っていない(超重要)

 

・浮遊物のハレーションが無いか少なく、目立たない

 

・ピントや被写界深度が適切である

 

・メインの被写体が浮き立つように撮影角度や絞りが適切である

 

・白飛び・黒つぶれが無いか、少ない

 

・自然を再現している

 

・生物が活き活きとして写っている

 

・ダイバーが写っている

 

・魚が写っている

 

・作品となっており、鑑賞する余韻がある

 

 

これらの理想の水中写真の前提条件を元に、プレビューでの画像再生を活用し、現場のフィールドでどんどん写真を修正して撮影してみて下さい。

 

Text by 中野誠志

 

・水中写真 用語集

カメラや水中写真についての専門用語集はこちらをどうぞ。

 

 

・水中写真撮影の心構えはこちら

撮影に当たっての心構えやヒントはこちら。

 

 

・水中撮影テクニック

より詳細なテクニックや理論などは、こちらの水中撮影テクニックをどうぞ。


水中写真ガイドショッピング

更新履歴

2015/4/29

上達するには?

フォトコンのアドバイス

更新しました。


2015/1/16

明けましておめでとうございます。本年も水中写真ガイドのHPをよろしくお願いいたします。

水中写真とは?のページを更新しました。

2014/7/1

水中写真の表現方法

ある程度完成しました。

2014/6/28

ギャラリーページ開設しました。

2014/6/25

スヌート水中撮影更新しました。

2014/6/24

高倍率撮影蛍光発光水中撮影フォトエッセイ写真集紹介など更新しました。

2014/6/20
サイト一般公開を開始しました。

fisheye フィッシュアイ
INON イノン
村上商事
anthis アンティス
sea&sea シーアンドシー
RGBLUE アールジーブルー

水中写真ガイドのHPはリンクフリーです。

相互リンク希望の方はご連絡下さい。

気に入ったらお気に入りやリンク、シェアボタンをお願いします。

 

随時更新しているので、同じページでもわかりやすいように写真や表現が追記されていたりします。

また、同じ記事でも自分の成長段階によって、得るものがまたあることがあります。

時間をおいてまた何度か覗いてみて下さい。


熊本ダイビングサービスよかよか
中野誠志写真事務所
ガイド会

ホームページ内の写真や記事は全て転載不可です。紹介していただける場合は、本文をコピーせずにHPのURLなどを記載して下さい。


NAVERまとめなどの悪質なコピー記事は、発見次第相応の対処をさせていただきます。



水中写真本や雑誌の執筆や撮影、写真のご利用についてなどのお問い合わせはメールにてお願いします。

 

水中写真ガイド代表:

中野誠志

メールアドレス

sayseanakano@gmail.com